防火・防災への取り組み

自主防火検査チェック

検査項目を設け毎日最低4回チェックを行っています。

火気関係

火気関係

  • 1.避難通路等の物品の有無(避難施設の維持管理)
  • 2.ガス器具のホースの老化・損傷
  • 3.電気器具の配線の老化・損傷
  • 4.火気設備器具の異常の有無
  • 5.吸殻の処理
  • 6.倉庫等の施錠確認
  • 7.就業時の火気の確認
  • 8.その他共用部分の可燃物の有無等

閉鎖障害等

閉鎖障害等

  • 1.避難口
  • 2.防火戸・防火シャッター
  • 3.屋内消火栓

「防火管理者」資格取得

「防火管理者」資格取得

店舗所属の責任者は「防火管理者」資格を取得し、防災に対する意識を高めています。

万が一の火災への備え

万が一に備え日頃より訓練を行っております。

消防訓練の実施

消防訓練の実施

年に2回(春3月・秋9月)を「カラオケ館消防訓練月間」とし全店、消防署員立会いのもと訓練を実施。
火災発生時に迅速な対応が行えるよう訓練しています。

自衛消防隊の運用

自衛消防隊の運用

従業員による自衛消防隊を編成し、全営業時間帯で運用しています。各自勤務中は左胸に役割バッジをつけ予め任務分担しています。消防隊が到着するまでの間、被害を最小限におさえるため各員役割を担っています。

【自衛消防隊長】

【自衛消防隊長】

消防隊について総括する立場で、各担当者の状況を常に把握し、指揮統制を行う。火災状況の把握に努め、各担当者へ的確な指示を出し、また消防署員と連絡を密にとり、指揮にあたる。毎日の担当者を任命する。

【通報連絡担当】

【通報連絡担当】

主にフロント担当者が担当し、正しい119番通報の方法、店舗名・住所・目標物などをすぐに言えるようにしておく。119番通報の際「何か燃えているのか、状況、ケガ人の有無」を正確に伝えること。
自動火災報知器(受信機)の使用方法を把握し、受信機マイクを使用できるようにしておく。

【避難誘導担当】

【避難誘導担当】

店内の避難経路を熟知しておくこと。避難器具(避難はしごなど)の使用ができること。
避難経路に障害物があれば即時に撤去し、避難導線及び避難口を確保すること。
カラオケルーム、トイレなど逃げ遅れた者がいないかを確認しながら、避難経路に沿って誘導すること。
エレベーターの使用は禁止し、階段や避難器具を使用させる。

【初期消火担当】

【初期消火担当】

厨房担当者、またはその他店内で行動範囲の広い者が主に担当し、火災発生時にはあらゆる情報を元に出火現場に急行し、消火器などで消火にあたる。消火器の置き場所を把握し、屋内消火栓の使用方法を熟知しておく。

【安全防護担当】

【安全防護担当】

火災が起こった場合の二次災害を避けるため、使用中の火気やガスはすぐ止める。
担当区域の防火扉の場所を把握し、煙災害を未然に防ぐことを常に意識しておく。
防火戸、防火シャッター等、店内設備について熟知しておく。

【応急救護担当】

【応急救護担当】

負傷者がいる場合には即時避難場所に応急救護所を設置し、出来る限りの応急処置を行う。消防署職員が到着した後は、その指示に従う。
負傷者の人数、怪我の程度を把握し、消防署員に報告できる体制を整えておく。
火災があった場合の避難方法(姿勢を低くし衣服などで口を覆い煙を吸わないようにするなど)を負傷者が最小限に食い止められるような意識を常に持つ。

安全・安心・快適への取り組みTOP

ページトップへ